Home > IGLU tokyo > 奥沢の家 – 長坂常/スキーマ建築計画

奥沢の家 – 長坂常/スキーマ建築計画

okusawa-house

先日、自転車で出掛けているときに偶然見かけ、それ以来ずっと設計者が誰か気になっていたのがこの写真右側の住宅。それが新建築住宅特集・2009年6月号での連載「いま、住宅をつくるときに考えること」で取り上げられている長坂常/スキーマ建築計画の設計による『奥沢の家』でした。

誌面での青木さん長坂さんとの対談で語られていたのは、ケンチクとタテモノとの差異の話から始まる、リノベーションの設計手法について。それは僕自身が常に意識している『人と住まいとの対等な関係性をつくる方法』とも重なる部分があり、たいへん興味深い内容でした。6月初旬に発売される長坂さんの著書「B面がA面にかわるとき」は、ぜひとも読んでみたい。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.iglu.jp/2009/05/21/house-in-okusawa/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
奥沢の家 – 長坂常/スキーマ建築計画 from IGLU blog

Home > IGLU tokyo > 奥沢の家 – 長坂常/スキーマ建築計画

Search
Feeds
Meta

Return to page top