Home > IGLU tokyo Archive

IGLU tokyo Archive

はじめての編集

彼の表現を見ればわかるが、すべてが直裁である。不純物を含まない。速く飛ぶ。速くコミュニケートする。情報が伝達するスピードを上げる。そのために、不要な雑物は、極力取り除かれている。だから、きれいだ。(中略)文章は飾れば飾るほど汚れるものだから。(中略)形容詞は甘く触れてくるが、その分腐るのが早い。[p.95]

これは、広告批評別冊の「秋山晶全仕事」に仲畑貴志さんが寄稿した「弾丸は速く飛ぶ」という秋山晶論を、菅付さんがこの本の中で引用した部分です。菅付さんはこの名文をタイトリングの金科玉条としているそうで、読んでいてもズバッと頭に切り込んできました。本全体としては、そのタイトル通り、編集の入門書的な仕上がり。さらっと読めたぶん物足りなさもありましたが、だからこそ基本がしっかりとまとめられているのだと思います。また、編集というテーマを通して見る、現代カルチャー史としても楽しめる内容でした。

POSTALCO Wheel Printer

postalco-wheel

ポスタルコの新作、ウィールプリンターの実演会。「チャーハンを作るように毎回違う模様ができるんだよ。」と、マイクさんから的確な !? 説明あったり、ゆっくりと丁寧に機械を操作する姿があったりと、モノづくりの楽しさや真剣さが伝わってくるイベントでした。写真はその様子。機械を動かすスピードやインクの付いたウィールを押し付ける強さによって、線がズレたり、カスレたりすることで、毎回違う模様ができる仕組みになっています。会場では、このウィールプリンターや発想から実現へのプロセスをまとめたスケッチなどが展示されている他、ポスタルコ製品を使った田中功起さんの映像作品も必見です。

2012 Calendar

camiyama-calendar

camiyamaさんから、素敵なカレンダーをもらいました。
2月は雪山のイラスト。久々に行きたいなー。

iPhone の修理完了。

iphone-repair

iPhone のバックガラスが割れた事件から、はや数ヶ月・・・。そろそろ何とかしたいなーと思いながら、何気なく見つけたブログを頼りにジーニアスバーに持ち込んでみると、記事にあった通り、2,800円で交換完了!安いし、もちろん純正。こんな事なら、もっと早く修理すれば良かったw

U&Me komichi(うめこみち) オープンルーム

umekomichi

世代を経て受け継がれてきた建物を残す … というオーナーさんの要望から始まったプロジェクト。写真右・真ん中の茶色いフルリノベーションされた建物が起点となり、その手前側と奥側に新築棟を建てるという、3棟からなる賃貸住宅となっている。
注目すべきはその中庭。「ウッドデッキを連続させ、写真左にある同オーナーの賃貸マンションと繋げる」+「右・奥側と右・真ん中にある建物の旗竿敷地(の接道部分)となっている」ことで、4敷地の4建物が共同使用するように計画されている点がオモシロイ。今は植栽も小さく、がらんとした中庭も、それぞれの住人たちの手によって、これから少しずつ彩られていくのだろう。勝手ながら、隣駅にある大森ロッヂのように育っていって欲しいなぁと思う。また、以前に仕事でシミュレートしていた、「共用部分のある戸建住宅群」というコンセプトの実現形でもあり、興味深いプロジェクトでした。

六本木農園から金沢へ…

6pongi-noen

六本木農園にて、これからの金沢を担うだろう !? 、建築と不動産に関わる同世代の友人と語り合った記念すべき夜でした。一足先の来月、金沢に帰る自分ができることは何か… 考えずにはいられない帰り道でした。

上出長右衛門窯の工場 こうば 展

kamide-koba

上出長右衛門窯の工場 こうば 展で、工場での製作工程をはじめて知りました。ハイメ・アジョンさんとのコラボレートした九谷焼も、ひとつひとつ丁寧にカタチづくられ、窯に入れられ、絵付けされていく・・・。工場にいる職人さん達の世界観を垣間見れたような気がしました。いつか、工場見学できるといいなぁ。

雪景色

2012-snow

今晩の東京はひさしぶりの大雪。そして写真は、正月帰省した時に撮った雪景色。

ソーシャルデザインのはなし 松本理寿輝さん×中村真広さん

social-design-no-hanashi

ソーシャルデザイン – 社会をつくるグッドアイデア集 / グリーンズ編」の発売イベントに参加してきました(本の感想はまたあらためて)。松本さん(まちの保育園)・中村さん(co-ba)からのお話し、そして兼松さん(greenz.jp)のファシリテーションからは、気持ちいいエネルギーと今後につながるヒントをたくさんもらえました。日曜の午前中という時間帯も、清々しくて良かったです。
話の中でとくに印象的だったのは、何か想定外の事が起こった時に自分自身を確認するための『座右の「問い」』というアイディア。僕にとっては、『素直な自分でいられてる?』がそれに当たるのだと思います。仕事をやる上では、当然プロフェッショナルな視点で、ユーザーやクライアントに接しなくてはいけない訳だけど、仕事のために全くの別人格をつくるようなことはしたくないので。
また、ゲストも参加者も出入り自由の「金魚鉢トーク」で話した、『新しい町内会』というマイプロジェクトは、自分が住んでいる場所+働いている場所でこれからやりたいこと。きっかけになるだろうアイディアはあるので、少しずつでも実践していこう。

MATTEHORN – Baumkuchen

matterhorn

Best of Baumkuchen!は断然ココ@学芸大学駅。しっとり系が美味しいのです。ちなみに、自由が丘の元祖モンブランの「モンブラン」と「マッターホーン」とは、ご兄弟が山繋がりの名前でやられているのだとか。

Home > IGLU tokyo Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top